あこがれを持つことは生きること

グランマからママへ  野菜しいレシピ  畑からの直行便
a0125706_23411934.jpg

お隣の町内の夢見るばあちゃん’Sが出版された本。おととし本屋で買ったものだが著者のNさんとお会いでき、本に対する思い、バランスコマが倒れないように、食事を家族に提供していただき、子供にも野菜好きにしてほしいと強い信念を改めて聞き、読み直してみた。近くにこんなに食と農を考えている人がいる。
料理を作るばあちゃんの一人として伝統食も満足につくれないではどうにもならない。
新米ばあちゃんへの応援誌かもしれない。今年の目標はこれかもと思ったのである。スローフードのすすめ。食と農  我が家でできることメタボクリックな体系も考えないといけない。
そして
a0125706_024372.jpg

ばーさんがじーいさんに作る食事が載っている
特集あこがれの老年時代を読む。
特別なことはできなくてもいい。
普通であることを感謝して精一杯生きることかなと感じる。

どげな会の方たちを始め、周りにはあこがれの老年時代を送っている人たちがいる。
めざせ!あこがれの老年時代。  何歳になっても夢を持つことはすばらしいことかな。
066.gif066.gif066.gif066.gif
[PR]

by hk0088 | 2010-01-03 22:32