魚のおろしかた

a0125706_22225294.jpg

解禁のサザエの刺身。ねじり鉢巻きの魚屋さんが包丁の砥ぎ方から始まる。

我が家のさびかけた出刃と刺身包丁。なんとか80番の砥ぎ石で切れるようになる。

①  角のあるサザエは荒い海でとれる。滑らかなのは内海でとれ砂を含んでいる。
    まな板にそっと置き、貝蓋をあけるのを静かに待つ。これが重要。
    一度失敗するとかなづちでこじ開けるようになる。 手早くナイフを貝に沿っていれ取り出す。
    成功すると快感!016.gif
②  取り出した貝を爪、内蔵、蓋などに分ける。まな板の上乱雑。まな板の名所
    習ったのにダメ!
    いつもまな板の上はきれいにする。「はいわかってますが」
    成型して切ったもの。廃棄する物置くところがある。くちゃくちゃなのだ。
③  4個のサザエの刺身できました。薄く切るのはなかなかできません。コリコリとした歯触りが
    サザエの持ち味。
    適当に薄くなっている。
④  我が家は今夜は5人。サザエの殻を遅く帰った娘には洗って少しとり、盛り付けする。
   
    
    トビウオも教えてもらう。今度はいさき いかの刺身。
    お魚情報。盆明けにいかが安くなる。たくさん買って正月用につくり、冷凍しておくこと。
    友人に言われた。「刺身が自分でできないの?」021.gif
    切れ味の違う包丁だとやはり盛り付けても刺身の色が違う。
    我流もいいけどやっぱり何年たっても学習だよ。
    暑さに疲れた家族。さざえの刺身食べて少し元気になった。
    サザエが安くなるのを狙ってゆでて冷凍保存すること。
     壺焼、サザエごはん夏太りしそうだ。
    
     ねじり鉢巻き魚屋さん     料理すること楽し! 
   
[PR]

by hk0088 | 2009-07-14 23:00