虎は縁起物?

a0125706_22135729.jpg
30年前に節句に頂いた張り子の虎。
尻尾は子供たちの刀のおもちゃになり、テープで補強を何回もした。
尻尾も行方不明となり、箪笥の後ろから出てきた尻尾。久しぶりに飾ることにした。
玄関先に飾っておくと
「この虎は後継者がなくて作れないそうですよ。形も違うそうですよ。」と珍しがられる。
最近は住宅事情により、節句人形を収納する場所がなく処分する方が多いと聞く。
さて我が家もひな壇、天神さん、節句人形ケース人形出すのも大変。
しまうのも大変。ついでに30年前の鯉のぼり5匹も出てきた。
虎もよく見ると髭は抜き取られ、尻尾は短くなり、塗料もはげている。
子供たちが元気であった証拠。
今また子供や孫のために飾る。虎は縁起物らしいが張り子の虎とは
弱いくせに虚勢を張る者のたとえ。
玩具の張り子の虎の動きから、
ただうなずくだけで主体性のない人、
首をふるくせのある人などにもたとえられる。

こうなってほしくないなあー。
[PR]

by hk0088 | 2011-04-19 22:43